治工具・省力化機械の大塚製作所・治具・精密機械加工・切削加工・ジグボーラー・マシニングセンタ・自動化機械・専用機・設計・組立・単品加工・試作加工

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

初めて見る素材…多様な要求にタイムリーな提供を。

治工具・省力化機械の製作が当社の主たる業務です。治工具とは機械加工を補助するために欠かせない道具です。加工する製品によって形状が異なり、時にはミクロン単位の精度を求められる治工具を、ひとつひとつオーダーメイドで製作します。多様なニーズに多彩な技術力で応え、設計から加工・仕上げ・組立・アフターフォローまでをトータルにお任せいただいており、新素材の加工技術に関しても高い評価と信頼を得ています。

技術を支える充実した設備でミクロンレベルの要求に対応。

技術革新の目覚しい製造業界のなかで成長を続けるために、当社は高性能機械システムの導入に積極的に取り組んできました。精密ジグ中ぐり盤5台をはじめ、超精密マシニングセンタ・NC旋盤・研削盤等を駆使した加工を行なっています。さらに工程ごとに製品をチェックし、最終段階では3次元測定システムによる厳密な検査体制が整っています。最新鋭の充実した設備と、培ってきたモノづくりの技術により、確かな製品をつくり出しているのです。

手の感触が伝えるモノづくり。

精密機械加工の現場では、高レベルの精度・速度・難度が求められています。それらにスピーディかつタイムリーに対応していくには、先端設備の導入を図ることはもちろんですが、忘れてはならないのはエンジニアが蓄積してきた技術と経験です。どんなに機械が進歩しても、手の感触から生まれるモノづくりを、私たち大塚製作所は大切にしています。そして、確かな技術力と即応性、機動力を発揮し、精密加工製品を提供していきます。

モノづくりの基本は感性。技と心を伝えます。

「感性が優れていないと良いモノは作れない」と、私たちは考えています。加工機械を操作する技術者は、10ミクロン・5ミクロンの差を自分の手で感じ取ります。それこそが、感性を生かした本来のモノづくりだからです。その技術と心を伝えるために、当社では社員研修を行なっています。ここで重要としているのは「なぜ?」という疑問を持つこと。なぜなら疑問から創造は始まり、技術者として成長していくからです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

大塚製作所技術者インタビュー

大塚製作所技術者インタビュー

治工具とは?省力化機械とは?

治工具とは?省力化機械とは?

OTSUKA Factory the MOVIE!

OTSUKA Factory the MOVIE!

大塚製作所 営業日カレンダー

information一覧

弊社も所属するGLIT(共同受注体)のホームページです。

GLITホームページ
コマ大戦サイト

弊社のコマも販売しています!

コマ大戦オンラインショップ
  • facebook
Copyright © OTSUKA Factory Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.